よくある質問

飛蚊症(ひぶんしょう)の改善、治療方法などの質問集

飛蚊症の症状は、糸くずやゴミのようなものが視線を変えても常に見えます。治療法のない眼病の一つとして年々増え続けています。

症状

1.飛蚊症の特徴と症状について

現代社会において非常に多く発生しているこの病気。突然目の前に今まで見えなかった線や点が見えだし、どこを見てもついて回るという厄介な症状です。ここではその特徴と症状について解説しています。

2.発生と対応方法について

なぜ発症するのか、またどのようなメカニズムなのかを詳しく解説します。また、発症した場合の様々な対応方法も 探ります。

3.後部硝子体剥離、網膜裂孔などの目の病気が原因で起こるもの

飛蚊症の種類で一番多いのが「生理的」なものと言われています。これは先天性のもので、眼病などの原因がなくても突然発症したり、気付かないうちに症状が悪化していきます。また、生理的なもの以外にも、「後部硝子体剥離」そして「網膜裂孔」など、目の病気の原因によって発症する例もあります。
4.眼科での治療について
発症した場合、改善するため眼科に向かうことが多いですが、眼科で対応できるものとできないものがあります。
5.治療方法とは?
眼科での治療方法について説明しています。