眼病の原因と対策


瞳を構成する成分と目のトラブル





人の目はレンズ役の水晶体が厚みを変化させながらピントを調整しています。

近くを見るときは水晶体が厚くなり、遠くを見るときは水晶体が薄くなって自在にピント合わせをしているのです。

年をとると、こうした水晶体の柔軟な伸縮性が失われていくのですが、これは目を構成する成分、「ルテイン」と「コンドロイチン」の減少が深く関係しています。

「ルテイン」は水晶体と黄斑部、そして「コンドロイチン」は水晶体と毛様体に多量に存在します

これらの成分は、




などにより減少すると、様々なトラブルが発生することがわかっています。

脳の活性化

などの取り組みを日々行う方法があります。

”脳の機能が低下すると他に何をしても無駄” とも言われているため、目のトラブルをケアするには、脳の老化を抑えることがとても重要です。

1.目のツボ、目の体操 → 目のまわりの血行を改善する
2.目の栄養素を摂取 → 目の栄養をしっかり摂取して中からケア
3.脳の活性化 → 記憶力を鍛え、脳の栄養素を摂取する

食生活と生活習慣に気をつけ、時にはサプリメントなどを積極的に取り入れて、 ダメージを受けた瞳をケアしましょう。

飛蚊症をマンガで説明しています。
パソコン作業はつらいな、少し休憩にしましょう
トラブルに対してサプリメントを飲む
ルテインは目の中の成分なんだよ
視界もスッキリいい気持ち
目の栄養素

前のページに戻る


枠