トップページ

目の病気”飛蚊症(ひぶんしょう)”

ゴミのような物が浮遊する飛蚊症(ひぶんしょう)が急増しています。 当サイトでは、この眼病の原因、改善方法を紹介しています。

症状

1.飛蚊症という目の病気

飛蚊症(ひぶんしょう)という目のトラブルが、年齢を問わずに急増しています。
以前は、老化による症状だったのが、ここにきて若年層にも増えてきました。
これは、パソコンやスマートフォン、テレビ画面など目に負担がかかる生活環境の変化によるものが大きく、一度発症した後の進行速度もさらに早くなっています。
症状は、黒い糸のようなものや白い線のようなものが浮遊して、目線を変えても常に浮遊して見えます。
原因は様々ですが、原因の一つに【活性酸素】があります。活性酸素は、人間の体に対して有害な物質で、
・ 紫外線
・ 栄養障害
・ 飲酒、喫煙、ストレス
などによって発生し、目の「硝子体」の構成物質である「蛋白質」を酸化させます。そしてこの不純物が影となり、目の前の視界に糸くずや黒または白い点などのように見えるのです。
さて、このような飛蚊症になったら対策が必要になりますが、まず活性酸素の対策が重要になります。そして目に負担をかけるようなことはなるべく避け、正しい食生活を心がける必要があります。 最近では飛蚊症に対してルテインなどの栄養素が人気です。
早めに診察にきてくださいね
放置しておいた場合、よくても現状維持、一般的には進行することが多くみられます。
 

2.飛蚊症の治療について教えてください

現在、治療方法は確立されていません。
原因は様々ですが、病気(ひぶんしょう)が原因でない限り、生理的または加齢によるものの治療はできないのが現状です。
そのため現状では、食生活、とくにサプリメントによる対応が注目されています。
食生活でのサポートとは、これ以上進行させないこと、そして次に発生してしまった症状を改善させることが中心となります。
いずれにしても、目の病気を食生活で対応するので、時間をかけてじっくりと取り組むことが治療への近道となります。
 

3.飛蚊症の改善方法について教えてください

前項においてもご説明しましたが、現在改善方法は確立されていません。
そのため現状において改善させる方法は、眼病が原因であれば、その元となる眼病を治療すること、眼病でない場合(生理的、または加齢によるもの)であれば、食生活やサプリメントによるサポートが必要とされています。
食生活でのサポートとは、これ以上進行させないこと、そして次に発生してしまった症状を改善させることが中心となります。
その場合、時間をかけてじっくりと取り組むことが改善への近道となるため、即効性は期待できません。
 

4.眼科で飛蚊症(ひぶんしょう)を改善できますか?

生理的飛蚊症(ひぶん症)や老化が原因の場合、眼科でも対応することができません。これは、眼科でも硝子体の老廃物を除去することができないためです。
後部硝子体剥離や網膜裂孔といった眼病が原因であれば、直接その眼病を治療することによって、間接的に眼科にて改善することができます。
しかし、これらの眼病が原因でない場合は、眼科にて改善することはできません。
眼科で治療できない生理的・老化によるものは、食生活による対応という方法があります。これは、進行させない抗酸化性物質と、硝子体の不純物を除去する食品、サプリメントを摂る必要があります。
 
5.飛蚊症の治療法には何がありますか?
生理的なものや老化が原因場合は、現在治療法がありませんが、後部硝子体剥離や網膜裂孔といった眼病によるものであれば、手術による治療が行われます。
原因が網膜裂孔の場合、網膜が剥離していなければ「レーザー光凝固法」という治療方法で対応します。
「レーザー光凝固法」という手術は、手術用のレーザーを裂孔の周囲に照射して、網膜を焼き付けて孔を塞ぐ方法です。
手術前に点眼による麻酔だけで行うため、痛みはほとんどありません。治療時間も、およそ5分〜15分程度で終了します。
まずは、眼科にて治療法を確認することが大切です。
 

6.飛蚊症は薬で治りますか?

現在、治療薬はありません。清涼感を得られる目薬で、一時的にすっきりしたりごまかすことはできますが、治す薬とまでは言えません。あくまでその場しのぎとなります。
生理的なものは薬では治らないため、食生活や生活環境を改善する必要があります。目の病気が原因であれば、手術後に薬(目の病気の薬)として点眼剤があります。
いずれにしても有効な薬はないので、栄養面、とくにサプリメントで対応していくのが有効となります。
なお、今後、薬が開発されるかどうかはわからないため、まずは眼科にて診察を受けることが大切です。
 
7.飛蚊症の対策方法はありますか?
まず生理的飛蚊症の対策ですが、目に活性酸素を発生させないことが最も重要です。目に活性酸素を発生させないためには、
 ・ パソコン、TVを長時間連続で使用しない
 ・ 外出時にはサングラスをかける
 ・ 過度の喫煙、飲酒を避ける
 ・ 食生活を見直す
などがひぶんしょうの有効な対策となります。
次に、目の病気が原因の場合ですが、基本的には上記と同様です。しかし、体質的に目の病気になりやすい方もいるので、この場合、対策としては「少しおかしい」と思ったら、すぐに眼科にて診察します。
いずれにしても、目に負担をかけないことが大切です。
目に必要な栄養素とは
目に役立つ話
スマートフォンサイトはこちら