眼科で飛蚊症の改善はできるか?

眼科での飛蚊症の改善について


眼科で飛蚊症(ひぶん症)を改善できますか?

生理的なもの、または老化・加齢による飛蚊症の場合においては、眼科で治療することができません。生理的な原因や加齢によるもの原因とされている硝子体の老廃物は、眼科で除去することができないためです。

しかし、他の眼病”後部硝子体剥離”、または”網膜裂孔”が原因であれば、それらの眼病を治療・改善することにより、結果として改善することができます。

しかしながら、”後部硝子体剥離”または”網膜裂孔”が原因でない場合は、眼科で治療・改善することはできません。

眼科で治療することができない生理的または老化によるものは、食生活の改善により対応する方法があります。

これは、現状以上に進行させない”抗酸化性物質”と、硝子体に付着した不純物を除去する食品、またはサプリメントを摂ることで改善する例もあります。

いずれにしても、大半の方が眼科では対応できない生理的または加齢によるもののようです。